クラシック音楽のオーラ!

小松長生が鋭く抉る音空間 《オリエンタリリズム》のタイトル 
    
  http://www.kojimacm.com/artist/komatsu/komatsu.html

           CIMG4415_convert_20090522212213.jpg

     昨日シンフォニーホールへ、コンサートに行ってきました

地元の高校生が、感染したということで
今週末のエレクトーン50周年コンサートは、楽しみにしていたのに中止になり
当然大阪の中心のコンサートは、ダメになるものと思っていた

CIMG4409uu_convert_20090522122456.jpg ホテルのコラージュの額

大阪の電車もホテルでの食事も
どこもみな 閑散として マスクをかけ
消毒液が置いてあり いつもとは、違う雰囲気と空気
デパートの入り口のワゴンセールで
手袋を買ってしまった
日よけのつもりだけれど 無意識に手を予防しなくては・・との思いがあった
デパート側の売る戦略に天晴れ

マスクも 手袋も普段していないから
息切れと違和感で 落ち着かない

コンサート会場も観客の大半が新型インフルエンザ予防のマスクをしていた
妙な光景だったけど 満席のなか行われ 感動とエネルギーの演奏

小松長生さん指揮・関西フィルハーモニー管弦楽団のクラシックコンサート
プログラム
    貴志康一 日本組曲から「春雨」 「祈り」 「道頓堀」
    ラヴェル  ピアノ協奏曲 ト長調  
    バルトーク バレエ「中国の不思議な役人」組曲作品19
ゴダーイ  ガランタ舞曲

作曲家の名ぐらいしかわからなくて 知らない曲ばかり
なじみがないから 退屈しそうだけど
そんな心配ご無用!!
演奏が始まると どんどん音楽の魅力に入り込み

綺麗な鋭い指揮に うっとり すごい!
楽器がライトを浴びて 演奏も輝き すごいオーラの放射です

ピアノの河村尚子さんの演奏のすばらしさと華麗さにビックリ

それと・・
今回の指揮者の長生さんは、
母のいとこのYちゃん (私よりも少しだけ年下)と最近結婚したのです

どんな人なんだろう と興味もあった
私は、クラシックも大好きなのでコンサートをとても楽しみにしていた
彼女とは、私の結婚式以後(もう何十年前?)からほとんど会っていない
目鼻立ちがしっかりしていてみんなから愛される性格
同じ女子高卒
すばらしいミュージシャンではあるし有名なシンガーのステージで一緒に歌っている
若き頃の印象でポピュラーやロックミュージシャンと結婚の方がしっくりする
クラシックと彼女がどうも結びつかない
当日久々に会う彼女は、
和服姿で 献身的な品格を備えていて その日
長生さんを紹介していただいた 
初体面なのにとっても気軽に親しみやすくいい人だと思えた
写真も一緒に嬉しい! 「素敵な方でよかったね」と心で祝福                    

誰よりも彼女が長生さんを音楽家として尊敬しているように見えた
音楽にもジャンルはありません
人を愛し尊敬できる すばらしいですね

結婚したこと 音楽でつながり 益々活躍されますように
祈ってます

よろしければ ランキング参加応援の
 クイックお願いします



にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ




ランキングに参加しています ポチッとよろしくお願いします
                      



0 Comments

Leave a comment