スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使が見える A子とB子

  以前K・N牧師の説教後
  天使が見えるのですか?と質問した私にクスッと笑われたあと 
  おばかな質問をしてしまったと思っていたら
  後に先生より届いたメールをいただき とってもうれしく感動しました
  抜粋して紹介します

天使の見える経験や光を感じたり不思議な出会いに
感動している素直な貴方と他方でそれは嘘の世界ではないかと疑っている貴方

感動している貴方Aは、疑っている貴方Bに対していつも遠慮しているようです

現代人も、こういう二重の構造で生きているのかもしれません

問題はB が真実で、Aは嘘(虚構、フィクション)だと思っている現代人は多いと思います
自然科学の誤った影響です。私はこれを現代の偶像崇拝だと思います
反対にAが真実でB 虚構だとするのが信仰ですね

霊の経験に素直に感動している貴女こそ天使の世界、
つまり信仰の世界に入っているわけですから、
天使が見えないというのはBの(世俗)世界からはそう思えるだけで、
感動の経験が本当の世界だと思うとAの世界、つまり天使や光の世界、信仰の世界なのですね

聖書のイエス、感動と霊の世界を経験すれば、天使や光こそ本当に存在するので、
それを疑うのは、仮の世界で、聖書ではこれを罪の世界とか人間の世俗の世界とか言いますね

貴方の経験したこと Aの貴方もBの貴女私も同じというのですね。私に両面がありますから

だから霊だけあって、世俗がない、空だけあって色がないというのも困るのです
占いの<狐つき>の世界です
原理主義というのもこれです。これも困るのです

私も日常生活は世俗的で、強情で口の悪い自信だけ強い困った人間なのですが、
神様の憐れみで聖書をとおして「天使の世界、光と霊の世界に、
そんなお前でも入っているのだ」と神様が言ってくださるので、
ありがたく天国の住民の末席にいるのです

天使が見えるように、神の声も聞こえますね 
見えるのも聞こえるのも一歩またげばよいのです。 
氷のクレパスの崖で下は何百メートルですが、
幅は1メートルですからまたいで越えればよいのです
信仰の世界、天使の世界がAの世界です 

説教のあと1日か2日は誤解されたのではないかとあれこれ思い悩んで
1,2日憂鬱なときを過ごすことがあります。
今週もそうでした
しかし、貴女の反応で一度に空が明るくなったような気持ちです
ありがとうございました 
今後も質問でも批判でも反応をくださればそれが私の生きがいです
 
感謝をもって

  敬愛する牧師にこんなに 
  丁寧に答えていただきました
  私こそ感謝です  


読んでいただきありがとうございます
よろしければ ランキング参加応援の
 クイックお願いします



にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ




ランキングに参加しています ポチッとよろしくお願いします
                      

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。