主人が話した内容

先日4月12日にクリスチャンとしての真剣なお話をした内容

いつも自分に関することを人前で話すことが苦手なのか
話を頼まれてもしないと思っていた
快く受けたのでビックリもしたけどずいぶん心配した

内容を 全文では、ありませんが・・・ 
ご紹介します  

イースターのこの時期に 私は 亡くなった両親を偲びます
私は両親の亡くなるまでの数年間を、病気と老いと向き合って生きていく
ゆく姿を身近に感じながら生活をしていました
看病する不安や葛藤もありましたが、
いろいろなことを与えられたような気がします

両親の病気や介護は、老いることの現実を受け止め
死や生の考え方も身近なものとなりました
病院での生活は、家族以外の初めて言葉を交わす人が多くいることです

「はじめまして」「おはようございます」「こんにちは」「さようなら」
さりげない言葉も日によって 介護を受ける者にとって ストレスも いっぱい あったことでしょう
老いの持つ不安と介護を受ける現実の厳しさであり 
ひとつひとつの会話の中で、やさしい思いやりの言葉で心を許し、
うれしそうな表情を見せるときもあれば 決め付けたような、
強い言葉に、傷つき、気分が悪くなることもありました。

繰り返される人との出会い 交わす言葉 病院生活が長くなるうちに
家族と会っても無表情になり

私には、いつもうれしそうな笑みを向けてくれました父も母も最期は、
挨拶程度で人と多くを語らなかったように思います


同じ言葉でも、少しの言い方の違いで、自分が大切に思われているかどうかということに 
敏感に反応するようになります
自分を受け入れてくれる人を信用する
悩みや喜びをわかってもらえる 何気なく交わされる普通の言葉に、人とのつながりが導かれます
職場や友人との語り合い 親子の日常の言葉 夫婦のさりげない会話 
普通に言葉があふれています
そんな普通の言葉をどれほど大切に扱えることができるのでしょうか

人を受け入れること すべてを理解できなくても相手を信じ
せめて 人の話を心から聞くようにと、思っています
けれども 人の話を真剣に聞くことは、簡単なようでなかなか難しいものです

相当に真剣に言葉を選んでいるはずなのに
人は、言葉に傷つくことが多いです
言葉で傷つけるとき 必ずしも そのつもりではない場合があります
「えっ そんなつもりは、ないよ」 という感じです
人によって その時の気分次第だったり、状況だったり タイミングだったり
発する言葉によって本人は、その気はないのに
いつしか なにげなしに 相手を傷つけてしまう言葉に変わっていきます

コミュニケーションをとろうとする言葉が相手を傷つけます
人間との関わりに疲れを覚えるとき 自然や動物とかかわることで 心が温かくなります
朝早く起きて、鳥の鳴き声で聞き 心がさわやかになったり 草木の手入れで季節を感じます
また 10年前に庭で生まれた野良猫が しばらくして いなくなってから
ちょうど、わたしが健康と心に疲れを感じていたとき 昨年突然にやってきました
それから決まって 毎朝 雨戸を開けるとミャーと小さな声で私をジーと見て
餌をねだります
あまり猫が好きでなかったわたしも、かわいいと思うようになりました
言葉をかわさなくとも 猫とのコミュニケーションは とれています
自然や動物は、心を癒して元気をくれます

バベルの塔のお話の中でも
神の住まわれる天まで届く塔をたてて、有名になろうとした者がいました

神への崇拝(すうはい)の為ではなく、人間の高慢な企てを知りました
それを見た神が怒り、人々の言語を混乱させ
人々が互いの言葉を理解できないようにさせて
バベルの塔は、落雷とともに砕け散って
そして 人間の言葉を混乱(バラル)させました。
今日、世界中に多様な言葉が存在するのは、バベル(混乱)の塔を建てようとした人間の傲慢を、神が裁いた結果なのであります。

旧約聖書の中にあるバベルの塔のお話ですが
人間の使う言葉は、多くの言語に別れ分断された
言葉の壁・意思を伝えることが困難になったとあります

私たちは言葉を発しない日はほとんどありません
そんな日常の中で言葉は難しく
あるときは人を傷つけ 裏切ってしまうほどの罪を含んでいます
砕けたバベルの塔の破片は、旧約のなかの話ではなく
私たちも人に向け発した言葉で なにげなしに 人を傷つけてはいないかと
反省します



どきどきしながらこの日ずっと下を向いて話を
聞いていました

少し長くなりましたが最後まで読んでくださった方
よろしければ 
クイック
よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村
アップランキング参加してます ポチッとよろしくお願いします




2 Comments

アスラン  

こんばんは

主の御名を賛美します。こうしてプログを通し交わりが与えられたことを感謝します。 人の口から出る言葉は刃物でもあると聖書は言ってますね 神からの言葉 御言により一つ一つの人の言葉に信仰により立っていきたいですね。祝福が豊かにあふれますように・・・感謝して祈りつつ

2009/05/07 (Thu) 21:19 | REPLY |   

 yoshie  

アスランさん 
おはようございます 
主の御名を賛美します。
コメントありがとうございます
ブログを通じて交わりが与えられたこと 私も感謝しています
さりげない言葉も、刃物にならないように祈ります
光を感じて感謝の中で歩めますように。。。

2009/05/08 (Fri) 09:55 | REPLY |   

Leave a comment