スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なりたいと願う

花の現場での話題 

uu5_convert_20110930091935.jpg



何になりたい とか いろいろ思うけれど
あれもこれも 趣味もあるけれど
どれが 自分に向いているのだろうかと・・・

ナデシコジャパンの澤選手の場合
ずっと サッカーで絶対に1番になると思っていたという話
そんな話からのスタート


「なりたい」のではなく「なる」ということを
強く思うことが大切

なりたいものが見つからないのでは、なかなか難しいけれど
何か大切なことを見つけて

強く思うことが 願いをかなえるのかも

私の場合花においては、子供のころから
「花のあるお家がいいな」とずっと思っていた

母も子供のころから花が好きで 当時家族が多く 
お買いものを頼まれて
残ったお釣りでお花を買ったら
すごく怒られたと母は よく語っていた

花が自由に買うことのできる余裕のある生活がしたいと願ったらしい
そんな母の話をいつも聞いて
私は、お花を飾る環境の中で育った

花に興味を持つこと 願って 必要なことを感じて
しっかり 大切なことを受け止めて 
いろいろなことがあっても 

選択した方向に 少しずつ向かって 行ったのかもしれない
小さな目標でも
自分にとっては、大切な思い

花を続けることができるって 喜びですね












- 2 Comments

再起(せき)SR400改め  

親子二代で

 今日は
 以前、日記を書こうとして「食は三代」という言葉を調べたら、「財は一代、衣は二代、食は三代」というんだと、ありました。花のある環境の中で育ち、「花のあるお家がいいな」、となって今のお仕事。素晴らしいことですね。
 「衣は二代」かかって姿かたちに、その人のセンスが現れるようになる。花も同じようですね。

2011/10/03 (Mon) 13:41 | REPLY |   

myura  

再起(せき)さん こんばんは

参考になる言葉ですね ありがとうございます
環境で 母がいい空気感を作ってくれたことで
花を自然に愛し仕事になっていきました

私は、女の子がいないので やはり二代になりそうです


myura

2011/10/04 (Tue) 19:27 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。