スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 犬と私の10の約束を見て

☆ 犬と私の10の約束
14歳のあかりちゃんという女の子がいました。お父さんはいつも忙しくて、一人っ子のあかりちゃんは、お家で一緒に遊べる犬を飼いたいと思っていました
ちょうどお家に迷い込んだ犬のソックスと出会います。それから間もなく
お母さんを病気で亡くすことになります
ソックスという名はお母さんがつけて、
ソックスを飼うときにお母さんがあかりに言った言葉が、
犬の十戒です
犬の十戒 (ソックスとの10の約束)

1. わたしの話をがまん強く聞いてくださいね
2. 私を信じて 
     わたしはいつでもあなたの味方です
3. 私とたくさん遊んで
4. 私にも心があることをわすれないで
5. ケンカはやめようね
   本気になったら私が勝っちゃうよ
6. 言うことを聞かないときは理由があります
7. あなたには学校もあるし 友達もいるよね
     でも私にはあなたしかいません
8. 私が年をとっても仲良くしてください 
9. 私は十年くらいしか生きられません
     だから一緒にいる時間を大切にしようね
10. あなたとすごした時間を忘れません
     私が死ぬとき、おねがいします そばにいてね


  その後、ソックスは、10年で亡くなります
ソックスの犬小屋の中から、写真と手紙を見つけます。
その手紙は、お母さんからあかりに宛てたものでした


ひさしぶり あかり
ソックスが生きているうちは、ソックスが私の代わり。
きっとあかりを見守ってくれるよ。

そして、ソックスもいつかは、あかりよりは先に逝くでしょう。
そのときは私はいよいよ本当に風になります。

いつかあかりは私を風みたいだって言ってくれたよね。
ちょっといたずらな風が吹いたら
私がそばにいると思ってください。

元気でね。


私も2年前の9月にかわいがっていた犬のケリーちゃんが
10歳で亡くなりました
今まで一緒にいたケリーちゃんがいなくなることの寂しさや悲しさは、
わかります
映画の中でお母さんの亡くなったこと、
ソックスのワンちゃんが亡くなったことは、
とっても悲しいけれど 
お母さんの手紙の中でいたずらな風が吹いたら
お母さんが・・ソックスが・・そばいると思ってくださいね
の手紙に書いてあったように・・・

私も時々、朝、祈っていたり、空を見上げてケリーちゃんの雲みたいだなぁ~と思ったりしていると
フーといたずらな風が吹くことがあります
ソックスの映画を見てから、ケリーちゃんが風を感じるとそばにいるのかな?なんて思います、
姿が見えないことは、寂しいけれどちょっとうれしくて元気になります



- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。