スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教会学校のお話 聖霊

日曜日に教会学校の中高の学生(CS)に聖書のお話をしました
年に2度ほどテーマに沿って話します

【今回のテーマ】
聖書   使徒言行録5章29-32
『人に従うよりも、神に従わなくてはなりません。 』
わたしたちの先祖の神は、あなたがたが木につけて殺したイエスを復活させられました。神はイスラエルを悔い改めさせ、その罪を赦すために、この方を導き手とし、救い主として、ご自分の右に上げられました。わたしたちはこの事実の証人であり、また、神が御自分に従う人々にお与えになった聖霊も、このことを証ししておられます。

お話
イエス様が十字架にかかり3日後に蘇えられた日がイースターです
イエス様は、蘇えられてからしばらくお弟子さんと一緒にいました
そしていろいろなことを教えられて 守らなくは、いけない約束をして、天に昇っていかれました

お弟子さんたちは、蘇えってくださったイエス様が天に昇られたので
急に不安になりました。
これから残された私たちは、どうして生きていこう 
何を信じて生きればいいのだろうと悩みました
お弟子さんたちは、一緒にいつも集まって
心を合わせて熱心に共に祈っていました
そして祈りつつ待っていた弟子たちに、その決定的な「時」がやって来たました
神様の力である
聖霊がくだりました

不安で寂しかったお弟子さんたちは、聖霊を受けて元気を取り戻し
心も強くなりました
この出来事を教会では、ペンテコステと呼んでいます

ペンテコステのときに
聖霊を受けたお弟子さんたちは、
『人間に従うよりも神様に従う』と答えて
イエス様の教えを広めるため伝道に励みました

大祭司でも王でも、どんなに偉くても、どんなに権力をもった人に、
邪魔されようと命令されても 捕まえられて牢屋に入れられruことになっても 
聖霊がくだったお弟子さんたちは、もうびくびくと恐れません

『私たちは神様に従います 』とはっきり言える

心の強いお弟子さんとなっていました

聖霊って何でしょう?どんな感じでしょう?
神様のどんな力でしょう?
風が吹いたのでしょうか?
光りがキラットしたのでしょうか?

目に見えないけれど弟子たちは「イエス様と一緒に生活していた時」を感じることができました。

聖書のお弟子さんたちは、祈りの中で包まれるようなあたたかな風が吹いて
聖霊を感じたのかもしれません

病を癒し、多くの奇跡を行い、自分を心から愛してくださったイエス様が、
今ここに自分と共にいてくださる、という事実を知ることができたのです。

姿は、見えないでも、今、確かにここにおられる!

と、弟子たちは聖霊の助けによって知ることができました。


神様と私たちの関係も
「そのままのあなたは素晴らしいよ」と言ってくれています!

私たちは見た目だけで、かっこいい!素敵! やさしい!意地悪!ダサい!怖そう!・・・などなど
好きや嫌いと自分の都合だったり好みだったりで
人を判断してしまうことがあります
でも神様は、見た目だけではなくて私たちの心の中までご存知です

どんなときもいつもいてくださり、 愛してくださる神様です
神様が好きと心から信じていると
きっと神様も
いつもそばにいてずっと守ってあげますよ
と言ってくださると思います

お弟子さんたちは、聖霊を信じて
神様とつながって心がおどり

力強くなったのかもしれませんね



- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。