どこにいったの?

204.jpg
ニャンコのチッチが、この3日ばかり姿を見せません

猫の看とりは、いつか覚悟しています
出会いから10年以上になり ブログにご紹介しましたが・・・
冬は、もう高齢なのでかわいそうだと、自宅のかごのなかで寝泊まりはしていました
この5月は、さわやかな気候でもあり 外猫の習性なのか
外へ出て行きたがることもあってお食事のときだけ 
朝・夕とやって来ては、餌を食べていました ずっと元気でいたのに
この1週間ほどあまり食べなくて 夏バテかしらと思っていた
それでも朝、雨戸を開けるとミャーと可愛いく待っていて、あいさつするかのように
いつも来てくれていました

オルガン練習の後 目の前に 黒いとトンボが地面に止まっってビックリして目をとめた
愛犬の時も、母の時も 不思議な別れの時 私の前にいた昆虫にふと意識してしまう
アゲハ蝶々もいつもいるはずだけど 意味あるように感じて 目をとめる

瞬間 もうチッチは帰ってこない と思ってしまった
主人は、「もうチッチは、死んだような気がする」といい出した

猫は弱ると静かな所に身を隠すらしい
この暑さと食べずに3日 夜空の金星と月を見上げて 諦めとせつない思いです

2 Comments

まいん  

わかります><

私の近所にも、います。(あ、また共通点がvv)

うちは黒猫くーちゃんです。
高校に朝行く時間に、いつも待っていてくれました。毎日毎日。
引っ越してきたから、ずっと一緒。
だから、もう6年近く。

私もいつかは・・って覚悟みたいなのがあります。
そう思うと切ないですね・・

くうちゃんが、虹の橋で、
私の死後、天国で会えるよねって、
ホロリとしました・・。

2010/07/21 (Wed) 14:23 | REPLY |   

-  

まいんさん ありがとう
いろいろと共通点があって 気持ちが伝わるのでうれしいです

やはり今日も来ないので…どこかの軒下に静かに逝ったのかなと思うと悲しい~
天国へ天使が迎えに来たのだと信じます 
動物は虹の橋なんですね
3年前に可愛がっていたワンコもいるし いつか会えるまで 
共に過ごせた時間にありがとうと感謝です

2010/07/21 (Wed) 14:48 | REPLY |   

Leave a comment