もうひとつの涙

28756639_3418716960s[1]

私の母校の元院長K先生の葬儀が教会であった

先生とは、私の高校の時の面接が初めての出会いそれから短大では、
聖書を学び小柄ながら、きちっとして紳士な品格ある方で
柔らかな人柄と信仰の道と教育においては、
ぶれない強さが魅力で 多くの方から尊敬され愛されていた
もちろん私もその一人で そんな先生が卒業後、私の結婚式では
仲人をしてくださりうれしかったことを覚えている


当時我が家は、キリスト教ではなかったのだけれど
父が病床で亡くなる前に 
先生と結婚式で司式をしてくださった教会の牧師さんが、父を見舞ってくださった
私たちが、いくらすすめても絶対にクリスチャンには、ならないだろうと思っていた
気骨で頑固だった父

お二人と何時間か話した後、急に受洗すると言い出した
それから数日して昏睡となり 病床受洗し 天国に旅立った父
あれから24年
33236054_283621265s[1]

母は、しばらく私たちの町に住んでいた
クリスチャンとして先生と同じ町に住み 教会に通うようになった
奥様は、おもてなし、気配り、なんでもできちゃうスーパーウーマン
母と同じ誕生日で、母にお花を習いたいと 
ちょうどその時一人暮らしの母をやさしくいたわり
気さくに お声をかけていただいた

奥様は10年前に亡くなり
父を導いた牧師のM先生が亡くなったは日は
母の亡くなった日と同じだと聞いた

200910091641000.jpg

天国には、素敵な人がいっぱいで
きっと母も 懐かしんで、楽しくしているよな気さえする
この地でするべき業を終えて旅立ったのかしら

いろいろな関わり繋がりが見えない力で働いているように
小さな私たちなのに 導いてくれる
素敵な人との出会いを通じて
連なっている

先生の葬儀に 聖書のメッセージとお二人の心こもった弔辞が
最後の証のように感じて
感謝の気持ちで涙が止まらなかった

「神は、我々と共におられる」
苦難も忍耐も希望へとつながる道と信じて歩まれた


200908211152000.jpg


感謝をこめて
 先生安らかに

「ありがとうございました」




クイックしてくださればうれしいです


 にほんブログ村 花ブログへ
     
人気ブログランキングへ

           Ctrlキーを押しながら スムーズにクイックできます

2 Comments

マミ  

おはようございます
まだまだ試練の道があるのですね。残されたものたちは寂しいのですが、あちらから見守ってくださる人を思いながら、丁寧に生きていくことが問われているのでしょうか?近しい方々とのお別れが続く中 どうかご自愛くださいね☆

2009/10/15 (Thu) 09:57 | REPLY |   

yoshie  

マミさん ありがとうございます
天国できっと奥様に出会われて 自分の歩む道を生きた先生素敵な方でした 
いろいろな別れで さみしくなりますが・・
ほんと私たちは、丁寧にこれからも生きて行かなくちゃいけないなと感じています

2009/10/18 (Sun) 20:07 | REPLY |   

Leave a comment