約束

200909041452000.jpg

先日子供たちにお話をした内容のひとつをご紹介します
テーマは、「約束を守る」 だったので
お話を作ってみました
200909041234000.jpg 200909041232000.jpg





アッ君という男の子がいました
アッ君は、小さいときは、お母さんの言うことは、
なんでも素直に聞いてくれました
ゴミは、「ポイとゴミ箱に捨てようね」
「ハーイ」としっかりゴミ箱に上手に捨てるいい子でした
小学校に入って
お母さんの言うことを少しきかなくなりました
なんでもポイと床に捨てます
「だめでしょ ちゃんとゴミ箱に捨てなさい」
「フン」と言ってわざとまた床に捨てます
アッ君に
「いい加減にしなさい」って怒ると
「あっち向いてプン」とまたゴミを床に捨てます
       200909041505000.jpg


お母さんは、
怒るのが ばからしくなって
どうしたらいいのかわからなくなりました

アッ君が可愛いい顏をして眠っています200909041511000.jpg


 

お母さんは、アッ君のそばで
思わず祈りました
神様 「アッ君がいい子になりますように見守ってください」
窓から
月の光とお星さまが光りました

あたたかな気持ちが溢れて来て
アッ君に
「好きにさせておこう」と
「アックンが出したゴミは、私がかたづけよう」と
思いました

何も言わないでそのゴミを黙ってかたづけます

お母さんは、
「ゴミは外に出しているのはいやね」と
出したごみでもいつも黙って片付けていきます
アッ君は思いました
「誰が出したゴミでも ゴミ箱にいれなくちゃいけないのかな」

気がつくとアッ君は、時折ふざけてポイと床に捨てますが
ゴミは、ゴミ箱に捨てるもの!とわかったのか
ゴミ箱に捨てるようになりました

お母さんに逆らって好き勝手なところにポイと捨てていたけれど
ちゃんと捨てることや守らなければいけないことが
アッ君は、わかりました
「でも~だけど~なんで~あっち向いてプン」と言っていた
わがままなアッ君は、
ゴミをちゃんと捨てることもできるし
お約束も守れる
素直なアッ君になっていました

きっとお空で神様もほほえましく思っていることでしょう
200909041211000.jpg

我が家の息子にこの話を聞かせました
「アッ君って・・もしかして~~ぼく?」と言いました
「さぁ~」
「僕とアッ君の違うところがあるよ!
家のゴミは、今でもお母さんが捨てると思ってるところかな!」
とニコッと笑いながら
「はい このゴミ捨てさしてあげる」
ですって~


クイックしてくださればうれしいです


 にほんブログ村 花ブログへ
     
人気ブログランキングへ

0 Comments

Leave a comment