archive: 2009年10月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

花に気づかされて

花の天使がフ~ッと幸せの息を~☆そんな思いでワイヤーにパールを刺してハートを作ったプリザーブドのオブジェ天使が、「悲しみから抜け出してね」とお花をプレゼントそんな気がした・・・花との楽しい時間花を選んでるつもりが・・花に選ばれているんじゃないですか?とさりげない会話の中で・・言われた花に触れたいと思ってもいつもいつも花を生ける環境って少ないのかもしれない先週からお稽古花 生け込み 花束 と・・思い...

  •  4
  •  0

輝きを放って~☆

花に触れた後のウクレレのレッスンは、癒しモードでまったりしたい空間になってる今のこころの状況にピッタリ 大切な時間  同じ曲をスローな気分でのんびりそれでも終わるころには、「いい感じに弾けてきましたね」褒め上手でいい気分 いい余韻が残るそんな先生は・・・人にやさしい・・最近は、スペイン フラメンコのギターを始めたらしい目がキラキラ 熱く語っているこだわりと 自分の進む音楽には、厳しいもうひとり・・...

  •  4
  •  0

花の香り

いきなりの雷がうそのように今日は、さわやかな青空  ロマンチックエンゼルという名のバラのかわいさに見入っていたファンファーレのようなすごい音と稲妻が空に響くこの最近自分でも整理がつかない毎日だったからこのやるせない切ない気持を洗い流すような雨と雷季節の花は、もうハローウイン いろいろな色の花 ピンクは、やさしく 黄色は元気になれる白のポンポンも 秋らしい夜に花の稽古にいらした生徒さんとい...

  •  4
  •  0

もうひとつの涙

私の母校の元院長K先生の葬儀が教会であった先生とは、私の高校の時の面接が初めての出会いそれから短大では、聖書を学び小柄ながら、きちっとして紳士な品格ある方で柔らかな人柄と信仰の道と教育においては、ぶれない強さが魅力で 多くの方から尊敬され愛されていたもちろん私もその一人で そんな先生が卒業後、私の結婚式では仲人をしてくださりうれしかったことを覚えている当時我が家は、キリスト教ではなかったのだけれど...

  •  2
  •  0

やさしい光

ダリアのドルチェ  ピンクがやさしい 母のことを思いながら我が家に戻ってくると 何も変わらない日常お花の仕入れも行ったし花が私を癒してくれるかのように  季節のくりが愛らしい花のお稽古も ピアノも ウクレレも始まった空がきれいいろいろなところで嵐の傷跡を残しながらそんなことも忘れるかのように秋の空が輝いて見える母の葬儀から一度も弾いていないオルガン課題曲が気になっていたけれど ゆっくりとオルガンと...

  •  2
  •  0

母への思い

母との突然の別れから10日が過ぎた実家の玄関に入れてあった いけばな庭で育てたスベラスにデンファレランをあしらってそして大きく育った自慢のモンステラの葉 最後の作品  母のブログにUPできなかったけど   私のブログに載せておきますねブログを、始めたキッカケは、母にいけた花を見せるため言葉では、伝えきれない花のデザイン 季節ごとの 花の色・ 取り合わせ感じたうれしいこと やさしい思い楽しいことあっ...

  •  1
  •  0

母との哀しい別れ

先週の金曜日9月25日朝母からの携帯メールがありました「お友達と今から出かけるので 夜電話するから今日のことまたブログに書くね」とさりげない いつもの日常会話でした母のブログは、「花と遊ぶ」で同じFC2の私のリンクにあります夕方に、母の携帯のベルが鳴り受けると母の交通事故を知らせる電話でしたその電話の3時間後に天に召されました最初何を言っているのか 自分のまわりで何が起こっているのか私には理解できな...

  •  3
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。