archive: 2009年08月  1/1

美味しい串カツ

昨日は、夕方に投票場へ、2009年の衆議院選挙は、政権交代が望まれていたから一票って大切って思えたし国民にとって注目の選挙でしたね魅力的な政党となりますようにとは、願っていたけれどあまりの圧勝にやや驚きです大きくなりすぎて 質のよい政党になればいいですけどこれからが、どうなるのか しばらくニュースに目が離せませんね歴史的な瞬間の始まりに期待したいですそんな歴史的な日の日曜日子供たちにお話をする機会を与...

  •  0
  •  0

封書にビックリ!

ダリア ポストの中に宛名が警察署の郵便物が混ざっていたなんだろう・・・主人宛てになっていた日頃免許証の申請ぐらいしか関わらないので不安になるいいことでの呼び出しなのか?何かに変なことに巻き込まれたのか?思わず帰宅した主人に「これはなに?」と封書を突き付けた「思い当たるようなことは・・何もないけどな!」私の言い方に不機嫌そう封書の開ける手元をジーッと見つめていたらすぐにうれしそうな表情紛失したものが...

  •  2
  •  0

夏から秋へ

朝晩が涼しくて夏がこんなにも早く終わってしまうのかしら・・花から始まること        美しくて新鮮な花に触れることは、刺激がいっぱい花は、いつもシーズンの先を感じ取れる  秋の花が溢れて イメージも広がる 実物の枝も楽しめる花を生けるには、いい季節の始まりです見える景色が 季節のように環境も人も少しずつ変わっていく  自分では、当たり前のようにやらなくちゃいけないことと向き合ってる一生懸命頑張...

  •  2
  •  0

花くらべ

いろんな人のとらえ方 個性同じ花を使っても 微妙に変わる 会堂の花としてお家を彩る花 花にも主張があるこんな風に使えばいいな?と思いながら説明をするデザインをする人の好みや色花に対して向き合う遠慮しながらも 「あっ!」とビックリするほど大胆に切る人「え~!」と思いながらも出来上がると 以外にも面白かったり良かったりイメージが広がって発見がいろいろに溢れているいけばな ...

  •  2
  •  0

ウクレレの課題

ホワイトユニークという名のおおきなアジサイに魅せられて 繊細なお花の水揚げは、丁寧に・・・       やさしい 花びらが  お出迎えです ウクレレで弾く曲 映画「フラガール」のテーマ曲1年以上前に見た映画 ジェイクシマブクロの音楽がマッチして 素敵でしたウクレレサウンドがここちよくて最近でも車の中でのお気に入りの曲先生が弾けるようにと耳でコピーしてメロディーとコードを楽譜に書いて...

  •  2
  •  0

花からスタート

パンパスは、棒状の中をむくときれいな白い穂先が出てきますお盆休みも終わり・・花に触れることで、元気になれそうプリザーブド制作でリズムが戻ってきたまずは・・色選び  色は、紫とピンク の組み合わせ やさしいグリーンやかわいい小花が色をつなぎますご自分のお部屋に飾るそうです 花があるだけでもお家の印象が変わりプリザーブドは、生花のようなワクワクする触感は少ないけれど出来上がった時の満足そうな笑顔に私ま...

  •  0
  •  0

猪名川花火大会

15日の土曜日に行われた花火夜が明けると同時にいい場所で花火を見るために主人とシート張り朝の河原は、涼しくてさわやかなで散歩気分静かな町もこの日は、浴衣姿の人や家族連れでにぎやかで約11万人の人が集まるというからすごいです花火は、4000発 が夜空に打ち上げられる赤い色の花火は、鮮やか宮沢賢治の [銀河鉄道]の中の [赤いさそりの星] の話をふと思い出す   シンプルな色も素敵  花火師の方のイメージとテ...

  •  4
  •  0

ドラマの中のシーンで涙を流していた信じていた人を信じれなくなる時って悲しい一度 離れた思いは、なかなか戻れなくて許せない思い 許したいと思う気持ち会って話し合えば もっと距離が遠くなる人からは、ちっぽけでも 大切なプライドが傷つく素直には、なれないどうしてあんなことになったんだろうと切ない思いで 涙が止まらない・・・・・人に傷つく 悔しい涙幼い頃に流した 自分の思いが伝わらない涙わかってほしいと願...

  •  0
  •  0

白浜の思い出

うつろになるほどずいぶん前だけど父とのなつかしい思い出朝のテレビで白浜の有名なホテル川久の紹介父が、肝臓がんと宣告されて 亡くなる2ヶ月前の8月に最後の家族旅行をした場所高級感溢れるらせん状の階段と紹介されて画面に映っている2階のお部屋で、ずいぶん改装されたようだけどエレベータがなくこの階段を使った記憶が甦る歩くのも困難な父を後ろから、4歳の息子が「よいしょ!よいしょ!」と押して上った階段体力も腕...

  •  0
  •  0

海峡の潮風

近場でドライブに出かけようと明石海峡大橋を渡って淡路島へ到着鳴門海峡の潮がぶつかる白く泡立つ波を視界からも感じ取れた神戸と淡路島をつなぐ約4キロの吊り橋は、優雅な景色に似合って立派な世界最長と言われる橋あっという間に着きそうで・・素敵な景色を味わうためにどの車もゆっくりしたスピードで走っているように思えた 橋を渡ると、潮の香り淡路島は、どこか南国ムードの陽気さが漂ってソテツやフェニックスが迎えてくる...

  •  0
  •  0

早起き

                てっせんの実早朝6時に花市場に仕入れ家族が出勤する前に戻るため いつもより早く出かけた花のこだわりから、仕入れに行くようやく 早起きもなれた新しいことを始めるには、頭の中での段取りを考えると仕入れの前日は、少々気が重くなったり、憂鬱なことも出てくるさわやかな空気と夏の太陽が、そんなモヤモヤを取っ払うかのように、出迎えてくれた  巨大なへごぜんまい新鮮な花や 初めて見...

  •  2
  •  0

オルガン研修会

パイプオルガン奏者で音楽大学で講師されている先生を迎えて研修を受けた使用オルガンは、岡野オルガン4人のオルガニストがいてひとりひとり課題曲を持っていったどんな感じの研修会になるのかまったくわからないままに先生と初対面笑顔の素敵なスラットした方パイプの説明と音色(ストッパー)の組み合わせ方から始まるバッハの頃より前にオルガンの歴史は古く 1400年に完成された初期のオルガンが スイスの教会に今も残っ...

  •  4
  •  0

心静かにお茶で一服

   何日か前から庭に出るたびに黒いトンボが逃げる様子もなくいつも同じ場所にいる別名オハグロトンボとか神のトンボと言われているらしい8月のお盆近くのなると先祖の霊に乗って飛んでくるというから亡くなった父や祖母 それともペットのケリーちゃんかしら?なんて思うとかわいくなつかしい感じがしますいろいろな季節がめぐる 空や花や昆虫までもが何かを伝えてるように私と関わった大切な人やペットのことを折に触れ思い...

  •  0
  •  0