FC2ブログ

バラと音楽の好日          

Myu-Raより 花とオルガンと日々 ブログ便り  

9月のJCでお話

9月になり、涼しくなりました。
今日は、久しぶりに朝から、教会の子供礼拝でお話をしてきました。
テーマは聖書のお話をします。ヨハネの福音書2章13節〜22節まで
お話するテキストはいただいているのでここが伝えたいというポイントは、なんとかわかります。
でもいざまとめて相手に伝わるようにお話ができるかというと・・
私がまずよくわからないと話せない。なんども読んで下書きして仕上げる 
お恥ずかしながら、聖書のお話を詳しく、人に語れるレベルじゃないですがまとめました。

私たちの町でも、夏には、いろいろなところでお祭りがありました。カーニバルや盆踊り、私のお家からも、大文字や花火が見えました。子供が小さかった時、夏のお祭りの日や花火の音が聞こえるとワクワクして夜の屋台で綿菓子やたこ焼き・焼きそば、金魚すくい、ヨーヨー釣りなどして私も一緒に楽しみました。


2000年以上前の

イエス様の時代にもいくつかのお祭りがありました。

今日の聖書には、イエスさまがエルサレムの大きな神殿の中でなさったことが書かれていました。

ユダヤの人にとって、

長い間の辛い奴隷生活が、神様の導きによって、終わりました。

自由になった喜びを祝う大切なお祭りが過越祭です。

神殿には、多くの人が集まっていました。

神様を礼拝するために、神殿では、ささげものをすることになっていました。

遠いところからも人も集まってきます。神殿から遠い人は、たくさんの牛や羊などの動物を連れてくるのが大変です。

お金も両替しなくては、使えません。そんな人のために商売する人がいます。

サーサ  いらっしゃい いらっしゃい。

『神殿で使えるお金に私たちが変えてあげますよ』

『神殿に捧げるものは、ここで買ってくださいよ、』

『うちで買うのがお得だし、いいものがありますとサァーいかがですか』 とお商売する人が集まっています。

神殿は、神さまと向き合う場所で、

神様のことを思って捧げ物をするところなのに、

多くの人たちは、いつのまにか大切な神殿を使って

礼拝をすることよりも、お商売をして、自分たちのお金儲けのことだけを考えています。

イエスさまは、とても怒ります。

いつも優しくて、困った人も助けてくれるみんな大好きなイエスさまですが、この神殿に入って、

とても怖い顏をして!びっくりするほど怒ります!!

イエスさまは、縄で鞭を作って繋がれていた牛や羊などの動物を神殿から追い出しました。

お店を出してお商売をしている人たちのお金を取り上げて、地面にばらまきました。

『ここから出て行きなさい』

あまりに怒ったイエスさまの行動にそこにいた人たちは、

驚きました。

でも、神様は、イエスさまの行動は、正しいと喜ばれています。

『神殿はお金儲けする場所ではなくて神様と向き合う場所ですよ!』という正しいことを教えられました。

『お金のもうけばっかりだと気持ちが神さまから離れていますよ。』

『神様のことが大好きです。』とお祈りすることが大切です。と

今日の箇所は教えてくれています。




誕生日

今日が誕生日
毎年新年が始まり、ゆっくりとできる日、いつもブログや滞っていた目標を
今年は、頑張って続けようと思う・・
無理せず、あんまり頑張らずに
この2・3年で今年は、体調も良く
いい感じで迎えている

息子夫婦が中国北京に発つ前に祝ってくれたケーキが美味しく嬉しかった。
今日は、主人が、二人で食べれるサイズのケーキを買って来てくれた。
お気に入りの指定したケーキ屋さん
甘く優しい質感のケーキ
ありがとう

教会60周年記念のお花

池田五月山教会は、創立60周年を迎え7月9日に記念礼拝と愛餐会がありました。
前日にお花を生け込み
50周年の時は、早くから構想やデザイン花材を試行錯誤していたのに

今回は、私も年取ったかな?暑さのせい?かギリギリまで
あまり力まず、その時であった素材で行けることにした。

なんとなくは、お花の注文、色は白っぽくゆりを入れることは決めてたけどね

100人以上入るということや、ミニコンサートをするなど
花は、あまり場所を取らず、優しい暖かなイメージにはいればと
デザインした。


6322C410-FDC1-44B3-95D7-FFC418AFAD75.jpg

ミニコンサート情報は、また次に
コンサート終了後
花の前で綺麗
素敵ね
と記念撮影
気持ちのテンションが上がる

やはり喜んでもらえることが次に繋がる
喜びの花たちでした。


最近の事

  • CATEGORY
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
生徒さんの影響でインスタグラムを始めました
SNS は、
Facebook Instagram Twitter
こんなにネットに長く
関わると思わなかったけれど
始めると それぞれの良さもわかる

時間を取られるので、そんなに向き合ってられないけれど

Instagramに関わると
ふとずいぶん忘れていた
ブログを更新しなきゃと
いう思いです

最近のブライダルのお花画像です

20170626012133b74.jpg

20170626012134d3b.jpg

大阪ぶらり散歩〜うめきたガーデン

ID:k9js2p

IMG_2534.jpg

入場料は、1000円
さすがに寒いので ほとんど人がいない 

それよりも、あまり知られていないのかも
葉牡丹やローズマリー・菜の花 のグループにおしゃれにデザインしてあるガーデン
有名なデザイナーが作り込んでいるいい感じの庭園です

もうすぐチューリップになるらしく
これから季節に沿っておしゃれなガーデンとして人気になりそう

うめきた2

ビルが見えて大阪でのガーデンの空間に癒される
いい記念になりましたよ

うめきた1

久々の更新です。

長らくご無沙汰しました。
Myu-Ra のホームページと教室ブログをちょこちょこいらっているうち
こちらを放置する感じになっていました。


元気で花もオルガンもできることに日々感謝です。

 
昨日の日曜日、教会のオルガニストでした。

私のオルガン歴をここで少し自己紹介・・・

私は音大を出たわけでなく、幼き頃よりピアノとエレクトーン・オルガンとなんとなく続けていた
にですが、
父が亡くなる前にクリスチャンとなり、家族も皆 その年に受洗
ある日牧師よりオルガンの奏楽をしてみませんかと言われ
その牧師さんも亡くなって オルガンを奉仕することに不思議な縁を感じて
今に至っています。

プロテスタンの日本基督教団 池田五月山教会で長く(25年以上)奏楽をさせていただいています。

住山久爾子先生(オルガニスト)に指導していただいてもう8年になります。
スパルタで厳しいでしょ!と言われたこともありましたが、
先生は、バッハと教会音楽・ヨーローッパ(ベルギーとドイツ)をとても愛していて
パイプオルガンのことを深い知識で、熱心に指導してくださっています。

月2回に1時間ほど バッハやパッヘルベル・ブクスフーデの曲
奉仕する前奏曲・讃美歌・音色のチェック
確認していただくので
安心して奏楽に迎えています。

昨日は、
前奏曲 バッハ BWV646 コラール 我が愛する神に
前日、先生に95点と褒められ
まさに 魔法の言葉
褒められるっていくつになっても気持ちがアップしますね(^-^)/
自信を持って弾くことができました。






幸せのブライダル カリグラフィーのウェルカムボード

  • CATEGORY
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
バラと音楽の好日
お久しぶりです。このサイトにご訪問ありがとうございます

CIMG1919.jpg

夏っぽいデザインで7月の結婚式にブーケとウェルカムボードのオーダーがありました。
今日は、手書きのオリジナルブライダル商品として、
ウェルカムボードをご紹介いたします。

これまでは、文字は、お友達や誰かに書いてもらう、
パソコンからダウンロードしたものを印刷するなど、
オーダーされた人がそれなりに工夫して出来上がった額にこちらで、
ご希望の花を組み立て装飾しお渡ししていました。

文字も、手書きで書けたらと思ってカリグラフィーを
プロに指導していただくきっかけがあり習い始めました。
カリグラフィーは、花のギフトなどカードを添えることができ
花のデザインとコラボできればと思います。
書道のような感覚で、気持ちが文字に伝わるようです

今回の花嫁と打ち合わせで、文字を見てもらったところ
「私の描く文字でお願いします」と思わぬ注文をいただきました。
私の初めての作品となるので気合いが入ります。
カリグラフィーとは、西洋のアルファベットを専用のインクとペンを持いて書きます。
インクも色も多く、アイビーに合わせて、緑にしました。
ペン先も、5ミリと3ミリを使い分けて書きます。
手書きなので、緊張しながら、納得がいくまで書きなおし、
文字バランス、インクの量、紙質を考えて、出来上がりました。
文字を額に入れ、まわりにリボンをかけ、
花はアートフッシャルのプルメリアとアイビー、プリザーブどの組み合わせで、
額に沿って、花を組み立て、セッティングです。
細かな作業も、私の専門分野でひとつひとつ丁寧に、真心込めて仕上げるとうれしくなります。
カリグラフィーのも字を書くことで、手づくり感いっぱいに夏らしい幸せの
ウェルカムボードが仕上がり完成しました。
CIMG1914.jpg


C0.jpg


ブライダルの当日の様子の画像を花嫁のお母様からメールが届きました。
「素敵なブーケとウェルカムボードは、来ていただいた方の目を引きました。
まさしく花を添えていただき二人も幸せだった・・」と
感謝の気持ちを伝える言葉をいただきました。

IMAGE_707.jpg IMAGE_708.jpg



いい仕事は、喜んでいただいた時に達成感と感謝になります。
ブーケもボードも幸せのブライダルに花嫁を祝福し、
周りの人に最高に喜びを広げ、喜びがつながるようでした。






イースターおめでとう

早いもので2014年もシ4月ですね
すっかり放置していたブログ『バラと音楽の好日』を覚えて
ご訪問いただいきありがとうございます。


先日の4月20日は、イースターキリストの復活の喜びの日。
毎年この日は、イースターにふさわしいイメージで花をいけます。

教会のデコレーターとしても20年以上になるけれど、
花と向き合いその時のデザインと色・香りに癒され
喜びに満ちた花にいつも元気をもらってきたのだと思う。

キリストの受難のレントの特に第3週・第4週の花は、十字架イメージを思いながら
グレー・紫系のグラデーションを心掛けた。

私は、オルガニストもしているのでその時は、バッハのコラールなど静かにそれにふさわしい曲を選ぶ。
今年は、特にレントに向けて弾く機会が数回あり、意味深いことを感覚的に感じて心の深いところに
暖かくなるような気がした。
よく夜空を見上げたように思う。
偶然にも今月の16日イースターの前の満月の日空は、明るく光っているかのよう明るかった。
流れ星を見ることもできてひとり長い間空を眺めて、首が痛くなったくらい(笑)


イースターは、明るいことを意味するように光に向かう気持ちでうれしかった。
なぜか、古いものを脱ぎ捨てたように軽い。

光がまぶしいくらいに花を照らします。

イースターおめでとう☆
バラと音楽、皆様にも好き日が訪れますように。